北の国から再放送&地上波情報(2021年最新)をご紹介!田中邦衛主演ドラマの公式無料動画視聴方法や動画サービス状況も

北の国から動画見逃し

ドラマ「北の国から」の2021年最新再放送&地上波放送情報をお届けします。

また、ドラマ「北の国から」の動画を公式見逃し配信で無料視聴する方法を紹介します!

ドラマ「北の国から」再放送&地上波情報!(2021年最新)

ドラマ「北の国から」の再放送や地上波放送予定を公式サイトなどを調査しましたが、残念ながら現在ありませんでした。

最近では動画配信サービスの普及で再放送の頻度が減っています。

今後再放送が地上波で見れる可能性は限りなく低いです。

今すぐにドラマの動画を見たい!ということであれば、無料トライアルを使った方が便利でお得ですね。

地上波での最新の放送予定はフジテレビ番組表を参照ください。

今すぐ「北の国から」を無料視聴する方はこちら

\FODプレミアムで独占配信中/

今すぐ無料トライアル
↑2週間以内の解約で0円

「北の国から」は動画配信サービスFODプレミアムで全話配信中です。

現在2週間の無料トライアルを行っておりタダでドラマの視聴が可能です。

  • ドラマを寝落ちして見逃した
  • 全話フル視聴したい
  • 地上波での再放送情報が知りたい
  • 無料で見たいけど違法サイトは怖い

毎日バタバタ忙しいと、つい見逃してしまいがちなドラマ…。

それならドラマの動画を好きな時に好きな場所で、無料で楽んだ方がお得ですよね♪

本記事では「北の国から」の動画視聴に関する疑問に答え一番お得で安全な視聴方法をお伝えしています。

ドラマ「北の国から」の動画を公式見逃し配信で無料視聴する方法

ドラマ「北の国から」の動画を公式見逃し配信で無料視聴できるのはFODプレミアムです。

配信サービス 配信状況
FODプレミアム (独占配信中)
Tver △(放送後1週間のみ)
U-NEXT ×
Paravi ×
Hulu ×
dTV ×

ドラマ「北の国から」はFODプレミアムでのみ配信されていました。

FODプレミアムでは「北の国から」はもちろん、それ以外にも最新の人気ドラマを多数配信しています。

しかも今なら14日間の無料体験トライアルを行っているのでドラマが無料で見れちゃうのも嬉しいポイントです♪

\FODプレミアムで独占配信中/

今すぐ無料トライアル
FODプレミアム公式サイトはこちら

↑2週間以内の解約で0円

FODプレミアムの特徴とサービス概要

  • ドラマのフジ!フジテレビ系列の人気ドラマを多数独占配信
  • ドラマだけじゃない!フジテレビの人気バラエティ番組やアニメも多数配信中
  • フジテレビの人気アナウンサー出演のオリジナルコンテンツが見れるのはFODだけ
  • 2週間の無料トライアルを実施中 ※期間中の解約でタダ
サービス概要
無料期間 2週間
継続料金 月額976円(税込)
ダウンロード再生 不可(ストリーミング配信)
視聴可能作品 フジテレビ系列作品が5000本以上
FODのオリジナル作品も配信中
FODプレミアムの評価
継続料金
(5.0)
作品数
(4.0)
見たい作品の数
(5.0)
総合評価
(4.5)

トレンディドラマの先駆けでドラマのフジと呼ばれ、過去の良作も多いと評判の高いフジテレビ。

FODプレミアムでしか視聴できないフジテレビのドラマは人気作の宝庫で、根強いファンも多数!

見たいドラマ作品に出会える確率はFODプレミアムがナンバー1ではないでしょうか。

現在配信中の人気作品
  • ルパンの娘2
  • 姉ちゃんの恋人
  • コンフィデンスマンJP
  • ラストシンデレラ
  • 教場
  • のだめカンタービレ

この他にも多数配信中!

今すぐ無料トライアル
FODプレミアム公式サイトはこちら

FODプレミアムの登録方法と解約方法

公式サイトにアクセスし今すぐはじめるをクリック


アカウントの作成


支払い情報の選択 *2週間以内に解約すれば料金を請求されることはないので安心してください。


登録完了!

公式サイトにログインしマイメニューをクリック

「登録コースの確認・解約」をクリック

解約するをクリック

確認画面が表示され再度「解約する」をクリック

解約完了

FODプレミアムで無料視聴する>>

ドラマ「北の国から」のあらすじと感想

北の国からのあらすじと感想をお届けします!

好きなところからご覧ください。

1話(1981年10月放送)

五郎(田中邦衛)は東京で妻の令子(いしだあゆみ)と息子の純(吉岡秀隆)娘の蛍(中嶋朋子)と4人で暮らしていた。ガソリンスタンドで働き、裕福ではないものの幸せな日々を過ごしていた五郎に思わぬ出来事が降りかかる。なんと妻の令子が不倫の末に子どもたちを置いて家を出ていってしまったのだ。それがきっかけで東京での暮らしに嫌気がさした五郎は子どもたちを連れて故郷の富良野へと移り住むことにする。貯金もまったくなかった五郎は農業や炭焼きによりなんとか生活費を稼ぎつつ、自分の手で水や電気を使えるようにしたうえに家まで自分で建ててしまう。そんな厳しい生活の中、小学4年生の純は母親っこだったこともあり、富良野での新しい生活に中々なじめず東京へと帰りたがっていた。妹の蛍は小学2年生。元々父親に懐いており、令子の不倫現場を目撃してしまったこともあって五郎を気遣いながら富良野での暮らしになじんでいく。

ドラマ「北の国から」を観て、「富良野の雄大な自然」と「五郎の愛」が特に魅力的だと思いました。
まず、富良野の雄大な自然についてです。このドラマでは、北海道の富良野で暮らす五郎と2人の子どもたちの様子が描かれます。物語の中では、草原や花々が咲き誇る景色、雪景色など四季折々の富良野の風景が映し出されます。時には、五郎たちの心情を反映することもある、富良野ならではの何もかもを包み込む壮大さのある季節に応じた風景に圧倒されながら食い入るようにして観ていました。
次に、五郎の愛についてです。五郎は、2人の子どもたちに時に反発されつつも、しっかりと親として向き合い一人前に育てようとします。厳しい言葉を掛けることはありつつも、子どもたちの味方でい続ける五郎に感動しながら観ていました。


注目キャストは、吉岡秀隆さんと中嶋朋子さんです。
まず、吉岡秀隆さんについてです。吉岡さんは、子役時代から幾つもの人気ドラマに出演するなど、俳優として第一線で活躍し続けていて、物静かで穏やかな男性を、内に秘めた感情を時折のぞかせながら演じられる魅力があります。このドラマでは、富良野で父親に男手一つで育てられる純を、たくましくなっていく過程を表現しながら演じているので、注目です。
次に、中嶋朋子さんについてです。中嶋さんは、ドラマ、映画、舞台と幅広く俳優として活動していて、物語を引き締める存在感のある女性を、類まれな演技力で演じられる魅力があります。このドラマでは、純の妹の蛍を、繊細な感情を見せながら演じているので、注目です。


この作品がテレビ放映されたのが1980年代からだから、まさに年月の流れを感じます。
東京から故郷の富良野に戻ってきた父親の五郎と、純、螢の三人の暮らしが大自然のなかで描かれています。兄妹であっても、純と螢とでは富良野での暮らしに対する感じ方が異なる点がとても興味深いです。そして五郎の不器用な生き方も観ていて歯がゆいものがあります。
一度は東京に戻る純を見送った五郎ですが、その背中には寂しさが滲んでいたように思います。そんな五郎を優しく励ます螢…。息子と娘の違いを感じました。
不器用な五郎の子供への愛情をひしひしと感じましたが、物語が進むにつれそれが純や螢にも伝わり、親子の絆になっていったような気がします。ふたりの成長していく姿に感動する名作です。


私の注目は、やはり黒板五郎を演じた田中邦衛さんです。田中邦衛イコール北の国から、であり北の国からイコール田中邦衛でもあります。あの独特な語り口調は、いかにも北海道富良野の大自然で育った男という感じです。あの不器用ながら子供に愛情を注ぐ姿に、自分の父親を重ね合わせてしまいます。
彼は日本アカデミー賞をはじめとする数々の受賞歴がありますが、1999年には紫綬褒章に表彰されています。これはひとえに彼が日本の映画界で多大なる功績を残したことの表れとも言えます。
残念ながら2021年3月に死去しましたが、彼の作品は観た人の心に永遠に残るでしょう。そしてその代表作がこの作品なのです。あの優しさが滲み出るような微笑みが忘れられません。


「北の国から」を子供のころから視聴していました。親世代が五郎さんと同年代、私自身がちょうど純や蛍と同年代ということで興味深く視聴していました。
純や蛍の成長と、自分の成長とがちょうどリンクするので、純や蛍に起こる出来事に共感しながら視聴していました。
名作、名シーンばかりで、見てない人でも名シーンを知っているような「北の国から」ですが、特に好きなのが「北の国から’87初恋」「北の国から’92巣立ち」です。
相手役の女性を演じた横山めぐみさんや裕木奈江さんも魅力的で、自分も恋愛するならこういう女性がいいなあと思わせてくれる女性像でした。
恋愛に対して奥手で、女性に対して不器用な純。思春期にありがちな純の心情と、同じく思春期をむかえていた当時の自分がリンクして、すごく共感できました。


「北の国から’92巣立ち」に出演していた菅原文太さんが魅力的でした。
北海道から東京へと上京した純が、初めて女性とお付き合いする相手が、裕木奈江さん演じるタマ子というピザ屋で働く女性でした。
タマ子は純と交際し、やがて純の子供を妊娠しています。そして純に内緒で堕胎してしまい、病院で菅原文太さん演じるタマ子の叔父に殴られます。
後日、純と五郎は菅原文太さん演じる叔父のもとに謝罪しに行きますが、「誠意をもって。。。」と何回も発する純と五郎、あまりに軽すぎる謝罪でした。その際に菅原文太さんが純や五郎に問いかけた、「誠意って何かね」という言葉の重み。すごく印象的で、今でも脳裏に焼き付いていて、北の国からの名シーンの中でも最も好きなシーンです。

ドラマ「北の国から」の番組情報

放送局 フジテレビ系列
放送開始日 1981年10月9日
放送日時 毎週金曜日(22:00~)
主題歌 さだまさし「北の国から〜遥かなる大地より〜」
原作 原作・脚本 倉本聰
製作スタッフ 脚本:倉本聰
演出:富永卓二 杉田成道 山田良明 杉田成道
公式サイト 公式サイト
Wikipedia

ドラマ「北の国から」キャスト(出演者)一覧

  • 黒板 五郎:田中邦衛
  • 黒板 純:吉岡秀隆
  • 黒板(笠松) 蛍:中嶋朋子
  • 木谷(水谷)凉子:原田美枝子
  • 北村 草太:岩城滉一
  • 中畑 和夫:地井武男
  • 黒板(宮前)令子:いしだあゆみ
  • 笠松 杵次:大友柳太郎
  • 北村 清吉:大滝秀治

※本ページの情報は2021年4月時点のものです。 最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。